セミナー名(サービス名) 再検討すべき内部通報制度等の見直しポイント
開催コード 5033
開催カテゴリ 総務・法務 人事・労務 経営・監査 Webゼミ コンプライアンス
開催日時 2021/12/8(水)10:00~2022/1/12(水)17:00
開催地区 Webゼミ
開催会場
開催概要
■講師
弁護士
猿倉 健司 氏

弁護士/牛島総合法律事務所 パートナー
早稲田大学法学部卒業。2007年弁護士登録。世界最大規模のグローバルネットワークであるMULTILAW、Employment Law Alliance(ELA)、Lawyers Associated Worldwide (LAW)に所属 不動産・環境・製造分野や、オンラインサービス分野を中心に、企業間の紛争(訴訟等)、役員等の不正・経営判断に関する不祥事・危機管理・訴訟対応等を中心に扱う。その他、経営者に対するアドバイザリーや、新規ビジネス・ファンドの立上げ・IPO上場支援、M&A支援等も数多く扱う。 ビジネス法務(中央経済社)、Business Law Journal(LexisNexis)、Business Lawyers(弁護士ドットコム)等で、数多く執筆、講演も多数行う。その他、『不動産取引・M&Aをめぐる環境汚染・廃棄物リスクと法務』(清文社、2021年)、『不動産・建設業界のための改正民法による実務対応』(清文社、2019年)も出版。

講師担当セミナーはこちら

■講義内容
①近時の実例における不正・不祥事の発覚パターン-内部通報制度の限界
②不祥事が外部から発覚することによる不利益
③不正の早期発見のための方策と留意点

■受講対象者
法務部・総務部等の役員・管理者・担当者

■受講料〔1名様分〕
・ディスクロージャー実務研究会会員       22,000円(本体価格20,000円)
・ディスクロージャー実務研究会会員以外のお客様 29,700円(本体価格27,000円)

■本セミナーの詳細
https://p-support.pronexus.co.jp/home/files/open/20210916a.pdf

■お申込みに際してご留意いただきたいこと
・必ずご視聴されるご本人様のメールアドレスでお申込みいただきますようお願いいたします。
 (お申込みいただくメールアドレスがご視聴いただくIDとなります。)

・お申込み1名様に対して、1IDを提供させていただいております。
 なお、講師の著作権保護の観点から、共有IDの利用や上映会等での利用など、
 お申込者以外の方のご利用はお断りしております。
・講師との契約により、視聴期間の延長及び終了後のテキスト提供はお受けできませんので予め
 ご了承願います。
・反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへのご参加をお断りいたします。
・講義内容・趣旨等を考慮のうえ、講師と同業の方などセミナーへのご参加をご遠慮いただく場合がござい
 ます。 
・大地震発生等の諸事情により、セミナーを中止・延期する場合がございますので予めご了承願います。
・「PRONEXUS SUPPORT」は、バージョンアップのため不定期でメンテナンスを行うことがございます。
 メンテナンス中はwebゼミが視聴できない場合がございますので、ご了承ください。
 なお、メンテナンスを行う際は「PRONEXUS SUPPORT」サイト及びメールで事前にご案内致します。


受付終了しました。


キーワード検索
セミナーカテゴリ検索
階層カテゴリ検索