セミナー名(サービス名) 民法改正・新収益認識基準がもたらす契約書・約款業務への影響
開催コード 3676
開催カテゴリ 総務・法務 経理・財務 経営・監査 コンプライアンス
開催日時 2018/11/13(火)13:30~17:30
開催地区 東京
開催会場 弊社セミナールーム
開催概要
■講師
弁護士/公認会計士
横張 清威 氏

弁護士・公認会計士/弁護士法人トライデント
平成12年明治大学法学部卒業。平成13年司法試験合格。平成24年公認会計士試験合格。令和3年弁護士法人トライデント設立。M&A・金融商品取引法、東証ルールを専門とし、法務財務両面からのサービスを多数の上場・非上場会社に提供している。著書・講演多数。

講師担当セミナーはこちら

■講義内容
①改正民法への対応プロセス        ②改正民法により修正が必要になる箇所
③収益認識基準により修正が必要になる箇所 ④戦略的な契約書の修正又は改定案

■受講対象者
法務・総務・経理・財務部門等の役員・管理者・担当者

■受講料〔1名様分〕
・ディスクロージャー実務研究会会員       17,280円(本体価格16,000円)
・ディスクロージャー実務研究会会員以外のお客様 23,760円(本体価格22,000円)

■本セミナーの詳細
https://p-support.pronexus.co.jp/home/files/open/20180907d.pdf

■お申込みに際してご留意いただきたいこと
・反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへのご参加をお断りいたします。
・講義内容・趣旨等を考慮のうえ、講師と同業の方などセミナーへのご参加を
 ご遠慮いただく場合がございます。
・大地震発生等の諸事情により、セミナーを中止・延期する場合がございますので予めご了承願います。


受付終了しました。


キーワード検索
セミナーカテゴリ検索
階層カテゴリ検索