セミナー名(サービス名) 公取委の摘発リスクを見据えた下請法及び優越的地位の濫用に関わる体制整備
開催コード 2304
開催カテゴリ 総務・法務 経営・監査 その他実務
開催日時 2016/1/20(水)13:30~17:00
開催地区 東京
開催会場 弊社セミナールーム
開催概要
■講師
弁護士
大東 泰雄 氏

弁護士/のぞみ総合法律事務所パートナー、元公正取引委員会審査局審査専門官(主査)
慶應義塾大学法学部法律学科卒業、一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了。2009年から2012年まで公正取引委員会審査局審査専門官(主査)として独禁法違反事件の審査実務等を担当。公取委勤務経験を活かし、独禁法、下請法及び消費税転嫁対策特措法等に関する専門的なアドバイスを行っている。独禁法等に関する論考・講演多数。

講師担当セミナーはこちら

■講義内容
①下請法違反・優越的地位の濫用のリスク ②両規制の違いと理解のポイント
③留意すべき取引の範囲         ④公取委の摘発リスクを見据えた体制整備
⑤公取委等に摘発されないために

■受講対象者
総務・法務・コンプライアンス・監査・購買関連部門の役員・管理者・担当者

■受講料〔1名様分〕
・ディスクロージャー実務研究会会員       16,200円(本体価格15,000円)
・ディスクロージャー実務研究会会員以外のお客様 21,600円(本体価格20,000円)

■本セミナーの詳細
https://p-support.pronexus.co.jp/home/files/open/20151028b.pdf

■おすすめセミナー
・事業会社が知るべき法人・組合の基礎知識
・契約実務と民法の基礎的知識
・企業不祥事・不正への対応に必要な役員の職務に関する基本知識

■お申込みに際してご留意いただきたいこと
・反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへのご参加をお断りいたします。
・講義内容・趣旨等を考慮のうえ、講師と同業の方などセミナーへのご参加を
 ご遠慮いただく場合がございます。
・大地震発生等の諸事情により、セミナーを中止・延期する場合がございますので予めご了承願います。


受付終了しました。


キーワード検索
セミナーカテゴリ検索
階層カテゴリ検索