弁護士
渋谷 卓司 氏

弁護士/西村あさひ法律事務所 パートナー
1990年慶應義塾大学法学部卒業、2004年ジュネーブ国際大学経営学修了(MBA)。1992年から2010年まで検事。東京地検 特捜部、法務省刑事局(刑事法制課・国際課)、外務省在ジュネーブ国際機関日本政府代表部などで勤務。2010年弁護士登録。 国内・海外の企業不祥事対応等、危機管理・コンプライアンスを中心とした企業法務を担当。2013年よりパートナー弁護士。弁護士登録 後、2011年より2012年まで総務省参与。近著・論文としては、「適時開示・増資と偽計・風説の流布」実務に効く企業犯罪と コンプライアンス判例精選(有斐閣・2016年)、「危機管理法大全」(商事法務・2016年)[共著]、「経済刑法 実務と理論」 (商事法務・2017年)[共著]ほか多数。2019年、2020年にWho’s Who Legal:Japanにおいて、Business Crime Defence & Investigations 分野を代表する弁護士として高い評価を得た。


【講師担当セミナー】

開催日時 セミナー名 開催地区
2021/11/2(火)10:00~2021/12/3(金)17:00 海外腐敗防止法(FCPA)等、外国公務員贈賄規制による摘発リスクと贈賄防止に向けたコンプライアンス体制の構築 Webゼミ
<前のページ 次のページ> 
キーワード検索
セミナーカテゴリ検索
階層カテゴリ検索